AX

一型糖尿病 治療方法

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

一型糖尿病の治療方法

読了までの目安時間:約 5分

一型糖尿病 治療方法

糖尿病には一型と二型があることを知っていますか。


スポンサードリンク

おそらく糖尿病の存在は知っていても一型と二型がある
ことを知る人は少ないのではないでしょうか。

 

一型と二型の中でみなさんが良く知る一般的な糖尿病は
二型です。

 

そこで今回は、あまり知られていない一型糖尿病につい
て説明します。

 

一型糖尿病の特徴の1つは、発症の原因が後天的ではあ
りません。

 

二型糖尿病の原因は、食べ過ぎなどの不摂生や運動不足
などがあります。

 

しかし一型糖尿病の原因は現在も不明です。

 

人間は食事等で血糖値が上昇すると膵臓からインスリン
が分泌され、そのインスリンが血糖値を下げるのですが、

 

一型糖尿病は、自分の免疫が膵臓を攻撃しインスリンの
分泌を阻害します。

 

そのため血糖値を下げることができなくなります。

 

 

一型糖尿病の治療方法は毎日数回のインスリン注射

 

では、一型糖尿病の人はどのようにして生活しているの
でしょうか。

 

 

一型糖尿病 インスリン注射

 

一型糖尿病を発症すると、自己の免疫が膵臓を攻撃する
ためにインスリンがほとんど分泌されないという症状が
おきます。

 

そのインスリンを補うために注射でインスリンを体内に
送り、血糖値をコントロールしなければなりません。

 

血糖値をコントロールするためにインスリンによる注射
は毎日、数回に分けて注射します。

 

分泌のタイプは2種類あります。

 

基礎分泌と追加分泌です。

 

基礎分泌は食事の有無関係なく分泌され続けるタイプで
す。

 

一方、追加分泌は、食事の有無でインスリンの分泌量が
大きく変わり、食後に急激に分泌されるタイプです。

 

インスリン製剤には、使用する時間や場面によって使い
分ける必要もあります。

 

睡眠は数時間にも及ぶので、睡眠前には効果が長いイン
スリンを、食事の前には即効性のるインスリンが必要だ
からです。

 

ただ、血糖はその時の食事量や食事内容などによっても
変化するので専門の医師に相談し、注射の量は、その時
その後の血糖値に合わせなければなりません。

 

うまく血糖を管理するには毎日の血糖値の記録が重要
す。

 

なぜならば、過去のデータを見れば血糖値の上昇や下降
のタイミングが目に見えるので、インスリン注射の調節
が容易になります。

 

 

インスリン持続皮下注入療法とは

 

インスリン注射以外に、インスリン持続皮下注入療法
あります。

 

 

インスリン持続皮下注入療法

 

この療法は小型のインスリンポンプを使って、体内にイ
ンスリンを持続的に注入します。

 

食事や睡眠などの際に、血糖値をコントロールしやすく
なるため、血糖値の管理に対する負担が軽くなります。

 

さらにはインスリンを過剰に摂取してしまい低血糖にな
る心配や、1日に何度もインスリン注射をする精神的な
負担も軽くなります。

 

インスリン注射もインスリン持続皮下注入療法も医師へ
の相談が必要です。

 

自分にあった方法を医師と相談しましょう。


スポンサードリンク

 

タグ : 

治療

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク