AX

一型糖尿病 当事者会

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

一型糖尿病は当事者会が支えになることも

読了までの目安時間:約 4分

一型糖尿病 当事者会

日本の糖尿病患者の95%は2型糖尿病ですが、暴飲暴食、
運動不足、ストレスといったものが原因で「生活習慣病
」とも呼ばれています。


スポンサードリンク

一型糖尿病の患者は10万人に1.5から2.5人と少なく、10
代から20代の若者が発症する場合が多いです。

 

まれに子どもが発症して小児糖尿病となることがありま
す。

 

一型糖尿病になるのは、何らかの原因で膵臓のβ細胞を
破壊する抗体が作られ、自分自身の膵臓を壊すことが原
因です。

 

膵臓が壊れるブドウ糖をエネルギーに変えて血糖値を下
げるインスリンというホルモンが出せなくなり、死に至
ることもあります。

 

 

一型糖尿病はインスリン注射で血糖コントロール

 

治療法としてはインスリンを体内に取り入れます。

 

 

一型糖尿病 インスリン

 

経口では消化されてしまうため、1日3~5回ほど自身で
注射をすることになります。

 

この自己注射で体内の血糖コントロールが十分にできる
ようであれば、あとは健康な人と同じような生活を送る
ことができます。

 

厳しい食事制限や運動制限もありません。

 

ただし、この血糖コントロールがうまくいかない場合、
合併症として失明に至るケースや人工透析を受けるケー
スもあります。

 

ここは2型糖尿病と同じです。

 

そうならないためにも血糖コントロールは非常に大事
ことなのです。

 

誰だって注射を打つのは苦手なものですが、インスリン
注射を1日に数回打たなくてはいけないと思うとストレ
スになると思います。

 

このストレス自体も血糖値を上げる原因になってしまう
ので、なるべく軽減したいものです。

 

また、自身の判断でインスリン注射をやめてしまうと急
に血糖値が上がって昏睡状態になったり、合併症が引き
起こされることもあるので注意が必要です。

 

 

一型糖尿病の心のケアは当事者会や家族会で

 

子どもが幼くして糖尿病を発症した場合や若くして発症
した場合、今後の生活環境や将来のことについて悩むこ
ともあるかと思います。

 

 

一型糖尿病 当事者会

 

そういう方は近隣の一型糖尿病患者の当事者会や家族会、
療育キャンプなどに参加されることをお勧めします。

 

同年代の同じ疾患をもつ子ども達が集まる場では、それ
ぞれがもっている悩みの相談をしたり、家族の接し方な
どについてアドバイスをもらうこともできます。

 

治療についての相談は医師が頼りですが、心のケアなど
については当事者会が支えになると思います。

 

特に小さなお子様が一型糖尿病になるケースは少ないの
で、こういったところで情報を集めることが有効だと思
います。

 

同じようなことで悩んでいる親御さんが集まっています。

 

また、子どもの成長過程において自身の病状や治療法を
理解したり、心の葛藤を吐き出したりするのには、時に
子ども同士のやりとりの方がスムーズなこともあります。


スポンサードリンク

 

タグ : 

治療

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク