AX

妊娠糖尿病 診断

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

妊娠糖尿病の診断

読了までの目安時間:約 5分

妊娠糖尿病 診断

私は38歳で妊娠。

 

初産でした。

 


スポンサードリンク

 

 

悪阻はありましたが、特に

問題もなく順調に過ごしていました。

 

がしかし、25週目の検診の時のエコー検査で

「赤ちゃんが大きいんだよなぁ…。」と

先生に言われました。

 

「小さいなら困るけど、大きいなら

いいんじゃないのかなぁ」と

思っていたのですが、

 

先生から、近い親戚に糖尿病の人は

いるかと聞かれ、祖母と叔父が

糖尿病でしたと伝えると

 

「尿も糖が+になっていますし、

妊娠糖尿病の可能性がありますので、

念のため糖負荷の検査をしましょう。」

 

と言われました。

 

妊娠糖尿病!?糖負荷!?検査!?

 

何のことだか

さっぱりわからず一気に不安に。

 

妊娠糖尿病についての説明が

書かれた用紙を貰って家に帰りました。

 

妊娠糖尿病とは

 

妊娠糖尿病とは

 

妊娠糖尿病。

 

簡単に言うと胎盤が赤ちゃんを

守るために低血糖にならないように

作用します。

 

その為、血糖値が下がらなくなり、

妊娠中一時的に糖尿病になることをです

 

早産、妊娠高血圧症候群、

羊水過多症、尿路感染症が、

 

また、胎児には巨大児、

新生児の低血糖が起きやすく、

子宮内で胎児が死亡することがあります。

 

親族に糖尿病患者がいたり

(遺伝)高齢出産の人に多い。

 

とのこと…。

 

どうしよう。。

 

その日から検索魔になる日々でした。

 

翌週、糖負荷の検査を受けました。

 

採血後、甘い炭酸水をイッキ飲みし

一時間後、二時間後に採血をして

血糖の様子を見るというものです。

 

その結果…。

 

「妊娠糖尿病確定ですね。」と

残念そうに先生に言われました。

 

総合病院だったので、

そのまま内科の糖尿病専門医のもとへ…。

 

内科の診察室の前で待っている間、

チラホラ妊婦の姿が。

 

そう言えばネットには妊婦の

12%が発症するって書いてあったなぁ。

と思っていると名前を呼ばれ診察室へ。

 

取り敢えず、この後、

栄養士から栄養指導を受けました。

 

血糖値の測定

 

血糖値 測定

 

 

毎食前、食後二時間後に自分で

血糖値を測って記録して来週

持ってきてくださいと言われました。

 

栄養指導は糖を控えてくださいとか

運動をしてくださいとか、

ありきたりの事を言われました。

 

問題はこの自分で血糖値を測る事。

 

専用の針を指に刺して採血をし、

その血を専用の測定器に入れると

血糖値が表示されるというものです。

 

つまり1日6回指に針を刺す

 

これが1回だけならチクっていう

感じかなと耐えられるのですが

毎回毎回だとしんどくなっていきました。

 

食事も運動も頑張って血糖測定も

サボらずに頑張って翌週内科に

行きました。

 

すると、「血糖値下がってないねぇ。栄養が

足りなくなっても赤ちゃんによくないから

インスリン打ちはじめようか」と…。

 

えー!!食事も運動も頑張ったのに…。

 

と言う事でその日から毎食前に

4単位ずつインスリンの

自己注射を始めました。

 

でも、この自己注射、細い針で

皮下脂肪への注射な為、

血糖測定の採血より全然痛くない!!

 

約3ヶ月、血糖測定もインスリンの

自己注射も頑張ったかいあって

無事に元気な子供が産まれました。


スポンサードリンク

 

タグ : 

2型糖尿病 妊娠糖尿病 治療 症状 糖尿病の食事療法 経過 血糖値対策 隠れ糖尿病

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク