AX

生活習慣病 歯周病

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

生活習慣病と歯周病

読了までの目安時間:約 4分

生活習慣病 歯周病

生活習慣病は、メタボリックシンドロームや、

喫煙、飲酒をはじめとする経年的な全身症状の

総称といっても過言ではありません。

 


スポンサードリンク

 

食事の摂り方にも大いに関係があります。

 

早食いなどのことです。

 

生活習慣病は、全身の健康を悪い方向へ

偏ってしまうということは

周知のことと思います。

 

実はこの生活習慣を見直す為には

先ず歯とお口の健康を

維持させる必要があります。

 

人は食べることで健康を維持し、

その為にはしっかり食べれるような

お口の環境が必要だからです。

 

歯磨き習慣

 

歯磨き 習慣

 

例えば、歯磨き習慣の付いていない、

お口の衛生状態が悪い方は、普通の人よりも

お口の中に菌が沢山住み着いています。

 

唾液の自浄成分によりカバーされるにしても、

食べることによって、

 

歯磨き習慣のついた人よりも、多くの菌を

食べ物と一緒に体の中へ

入れてしまっている事になります。

 

このような人は、歯周病に

なりやすい体の持ち主となります。

 

即ち生活習慣病のうちの、糖尿病や

高血圧などの重大な病気に

陥りやすい人という事になります。

 

喫煙とアルコール

 

喫煙 アルコール

 

また、喫煙やアルコールといった

習慣性のものも、

歯周病リスクが高くなります。

 

アルコールや喫煙により、歯を支える

歯茎が痩せて、歯周ポケットという歯と

歯茎の間の溝に菌が蓄積されます。

 

その菌が達がお口の中の衛生環境を

悪くすることで、

歯周病になってしまうのです。

 

事実患者対照の研究に、喫煙者と非喫煙者との

歯周病になる率は喫煙者が非喫煙者より

2倍のリスクがあるという研究結果があります。

 

メタボリックシンドロームだけが

生活習慣病ではないという事です。

 

しかし、メタボリックシンドロームも

重篤な病気であるという認識も必要です。

 

メタボリックシンドロームにかかる人の

特徴としては、食事中の早食い、

あまり噛まない、水をよく飲むの3つが代表です。

 

特に早食いとあまり噛まないの

2つは特に目立ちます。

 

早食いは、満腹中枢が刺激され、お腹が

一杯だと感じるまでに

それ以上の量を食べてしまうからです。

 

噛まないのは、飲み込むタイミングが早く

唾液としっかり混ざって飲み込まれません。

 

その為に消化不良、そして消化器の

内面を傷つける恐れもあります。

 

これらは癖なので、本人の意識で

行動変容が必要となります。

 

喫煙や飲酒と同様、一人では

改善が難しいものとなります。

 

従って家族や周囲のサポートが

鍵を握るといっても過言ではありません。

 

生活習慣は、習慣性のものです。

 

先ずは周囲の人の協力の元、

食事のメニューを考えるだけでなく、

 

食べ方を改善することできっと

体の健康状態は良い方向へ向くでしょう。


スポンサードリンク

 

タグ : 

体重 治療 症状 糖尿病の食事療法 血糖値対策 運動 隠れ高血圧 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク