AX

糖尿病 食事療法

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

糖尿病の食事療法について

読了までの目安時間:約 5分

糖尿病 食事療法

糖尿病の食事療法についてです。

 


スポンサードリンク

 

先ずは一番重要な事は、糖尿病の患者さん達

以外の食事についても勿論言える事なのですが、

 

 

食事を食べた後の血糖値を急激に上げずに、

出来るだけ緩やかに変化させる事です。

 

 

その為には、もちろん献立も大事なです。

 

 

が、今回の記事では食べる順番に

ついて執筆してみようと思います。

 

 

この「食べる順番を気を付ける」

という方法なのですが、

 

 

読者の皆さんも一度はダイエットや

美肌に関する情報として

聞いた事があると思います。

 

 

実はこの方法は、元々あるお医者さんが

糖尿病の患者さん達の為に

生み出した物なのです。

 

 

では具体的な方法はと言いますと、

 

食べる順番

 

食べる 順番

 

先ずは、献立を主に野菜やきのこや海藻類・
たんぱく質や脂質・炭水化物の

3個のグループに分けてみて下さい。

 

 

野菜やきのこや海藻類は、

一見して分かります。

 

お料理で言えば例えば野菜のサラダ・
野菜の和え物・野菜の煮物・きのこの和え物・

海藻サラダなどと言った所でしょうか。

 

 

その際に使用する、ドレッシングや

ポン酢などの調味料も、

出来るだけ控えた方が良いですね。

 

 

たんぱく質や脂質は、

お肉・お魚・卵・大豆製品・チーズ等の

材料で出来ている物や、

 

 

お料理で言えば例えばステーキ・焼き魚・

卵焼き・冷ややっこ・

チーズフォンデュなどです。

 

 

炭水化物はお米・うどん・お蕎麦・

パスタ・パン・芋などの材料で出来ている物や、

 

 

お料理で言えば例えば白飯・

きつねうどん・ざる蕎麦・

スパゲティミートソース・ピザトースト等です。

 

また、ここで注意したいのが、

料理に具材として使用されている芋の存在です。

 

 

量が少なかったり小さくても、

立派な炭水化物のグループに入ってしまいます。

 

出来れば専用のお皿に除いておいて、

最後に他の炭水化物の

グループの物と一緒に食べましょう。

 

 

また、どうしても単調な味に

なってしまいがちな炭水化物の料理を

 

ずっと食べ続けるのが我慢出来ない場合は、

半分残しておいたたんぱく質や

脂質の料理と共に食べましょう。

 

 

後は、最初に野菜やきのこや海藻類のグループ、

次にたんぱく質のグループ、
最後に炭水化物のグループを食べます。

 

血糖値を上げない食べ方

 

血糖値 上げない 食べ方

 

1口に対して約30回噛みます。

 

1品に対して約5分間以上かけて食べます。

 

最始から最後には約30分間以上かけて

ゆっくりよく噛んで食べて下さい。

 

 

では、何故この方法が良いと

されているかと言いますと、

 

先ずは野菜やきのこや海藻類に含まれている
食物繊維が、先に小腸に届いてくれる事に

よって血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

 

次にたんぱく質や脂質に含まれている

消化管ホルモンのGLP‐1が分泌してくれます。

 

そうすると、消化器官系の運動が出来るだけ

穏やかになってくれます。

 

結果的に体内にインスリンと

言う物質が促進されるからなんです。


スポンサードリンク

 

タグ : 

治療 糖尿病の食事療法 血糖値対策 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク