AX

高血圧 食事療法 工夫

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

高血圧の食事療法の工夫

読了までの目安時間:約 4分
高血圧 食事療法 工夫

高血圧は日本人の国民病と

言われている通り、

非常に患者さんが多い病気です。

 

 

私は脳神経外科で看護師をしていますが、

入院患者さんの殆どが高血圧です。

 

高血圧の食事療法として、

主に塩分を制限することは

よく知られていると思います。

 

高齢になってくると

しょっぱい食べ物を好む方が多いでしょう。

 

しかし、食べたいままに塩分を摂取すると

高血圧の原因になります。

 

日本高血圧学会によると、

高血圧の食事療法では塩分は

1日6g未満に抑える必要があります。

 

6gといっても中々ピンときません。

 

醤油では約小さじ6、味噌では

約小さじ8に相当します。

 

ラーメン1杯で約6.0g含まれているので

スープを飲み干してしまうと

もうアウトですね。

 

そこで、塩分を抑える為の

工夫をいくつか紹介したいと思います。

 

高血圧と調味料

 

高血圧 調味料

 

先ず、料理に使う調味料を

減塩のものに変えることです。

 

減塩醤油、減塩味噌等スーパーには

沢山の減塩調味料が売られています。

 

また、おひたしやサラダ等の

調味料をかける料理を食べる時にも

一工夫で塩分が抑えられます。

 

その一工夫とは、調味料は

かけるのではなく付けて

食べるようにすることです。

 

料理にかけて食べるよりも、

付けて食べるほう方が

塩分摂取量は少なくなります。

 

また、料理そのものに塩分が

多く含まれているものとして

漬物があげられます。

 

ご自分で漬物をつけている

という方も多いと思います。

 

漬物は塩分が、多く

含まれているのにも関わらず

毎日漬物を食べる方も多いでしょう。

 

漬物の塩分を抑える為には、

漬物をそのまま食べるのではなく、

 

水で1度洗ってから食べると

塩分はかなり抑えられます。

 

これまで、塩分を制限する工夫について

書いてきました。

 

塩分を排出 カリウム

 

塩分 カリウム

 

実は摂り過ぎてしまった塩分を

排出してくれる食べ物があります。

 

それは野菜です。

 

野菜には塩分を体外に排出する

働きがあるカリウムが

多く含まれています。

 

食事療法の際には野菜の適切な

摂取が進められています。

 

カリウムは熱に弱いため、

生野菜等での摂取が望ましいです。

 

里芋等のいも類、アボカドや

バナナなどの果物、納豆や豆腐等の

豆類に多く含まれています。

 

高血圧の食事療法の際には

これらの摂取が進められます。

 

但し、カリウムは取りすぎると

不整脈や心不全の原因になることがあります。

 

またワーファリンなど、

内服している薬によっては摂取が

制限されることもあります。

 

栄養士や医師と相談して

食事療法を進めるとよいでしょう。

 

好きな食べ物を我慢することは大変ですが、

好きなものを全て我慢する必要は

ないと思います。

 

摂取方法を工夫することで

好きなものを食べながら

食事療法をすることができます。

 

タグ : 

治療 隠れ高血圧 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧