AX

糖尿病 合併症

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

糖尿病になったら合併症に注意

読了までの目安時間:約 4分

糖尿病 合併症

糖尿病には1型と2型があり、このうち1型というのは
齢に関係なく発症します。


スポンサードリンク

急に症状が現れ、また治療方法もインスリン注射がメイ
ンになります。

 

1型の場合、本来膵臓で作られるインスリンが自己免疫
の影響で作られなくなるため、定期的に注射をすること
で体内にインスリンを取り込まなければならないからです。

 

一方2型の方は、生活習慣やストレスなどが原因で起こ
ります。

 

症状の出方は緩やかで、職場の健診などで見つかること
が多く、インスリンが分泌されにくい、あるいは働きが
不十分というのが主な原因です。

 

このため、主に食事や運動などで治療を行う方法がとら
れます。

 

インスリン注射は必ずしも必要ではなく、食事療法や運
動療法で効果がなく、また薬が効かない場合にのみ用い
られます。

 

 

2型糖尿病も合併症には注意が必要

 

1型糖尿病に比べると、2型糖尿病は治療方法も様々で、
しかも緩やかに症状が出ることから、つい1型よりも軽い
と考えてしまいがちです。

 

 

2型糖尿病 合併症

 

が、実は2型糖尿病の場合も合併症には注意が必要です。

 

糖尿病には網膜症、腎症、そして神経障害の三大合併症
があり、放っておくと失明したり人工透析を受けなけれ
ばならなくなったりします。

 

このためにも1型打糖尿病のみならず、2型糖尿病でも血
糖値の自己測定、そして定期的な病院での測定が不可欠
です。

 

また、血管障害を起こすこともありますし、ケトアシド
ーシスという症状を起こすこともあります。

 

このケトアシドーシスというのは、血液中のケトン体
増えることにより、腹痛や食欲不振、吐き気などの症状
が起こる状態です。

 

糖尿病はインスリンが働くことができない、あるいは鈍
いため、ブドウ糖をエネルギーにできず脂肪を分解する
ことが多いのですが、その時にできるのがケトン体です。

 

ケトン体は酸性であるため、増加することによって血液
も酸化し、その結果様々な症状が出てくるのです。

 

特に風邪を引いたとか、お腹をこわしたりした時には、
このケトアシドーシスが出やすくなりますので注意しま
しょう。

 

主に1型糖尿病の人に多いのですが、2型糖尿病でも出る
ことがあります。

 

また風邪を引いたりすると、体への負担により、ストレ
スホルモンが分泌されるようになります。

 

このホルモンは血糖値を上げる働きがあるため、いつも
より高血糖になりやすく、抵抗力が落ちることもあり、
回復に時間がかかるようになります。

 

その逆に、食欲が落ちることで満足に食事を摂れず、低
血糖になることもあります。

 

糖尿病の人は風邪、あるいは腹痛などに普段から注意を
し、もし病院に行く場合は、必ず糖尿病であることを伝
えるようにしましょう。


スポンサードリンク

 

タグ :

合併症

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク