AX

妊娠糖尿病 なりやすい

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

妊娠糖尿病になりやすい人とは

読了までの目安時間:約 4分

妊娠糖尿病 なりやすい

妊娠すると女性の体の中では様様な変化が起こり、いろ
いろな症状が出る事があります。


スポンサードリンク

その一つが妊娠糖尿病です。

 

これは、妊娠前から既に糖尿病と診断されている場合を
除き、妊娠中に血糖値が高くなったり、血糖値が高い状
態が初めて発見された場合を妊娠糖尿病といいます。

 

原因や病状は糖尿病と同じです。

 

インスリンという膵臓から出るホルモンが血糖値を下げ
る働きをしますが、このホルモンが出にくくなったり、
機能自体が低下する事で血糖値が高くなってしまいます。

 

一般の糖尿病と妊娠糖尿病の違いが何かというと、妊娠
時は胎盤から出てくるホルモンが原因となる事です。

 

胎盤からでるホルモンがインスリンの分泌を弱め、十分
にインスリンの機能が働かなかったり、分泌が弱いとイ
ンスリンの量が少ないため血糖値が高くなるのです。

 

妊婦の約1割弱が妊娠糖尿病と診断されます。

 

ですから、定期的に検査をすることです。

 

妊娠初期に血糖値を測定し、その時点で陰性であっても
妊娠が進むにつれてインスリンの効きが悪くなるので、
妊娠中期(24~28週)に検査を受けるといいでしょう。

 

 

妊娠糖尿病になるリスクが高い人の特徴

 

特に以下に該当する方はリスクが高いと言われています。

 

 

妊娠糖尿病 リスク 高い

 

・家族や親族に糖尿病の人がいる。

 

・肥満

 

・高齢妊娠

 

・巨大児を出産した経験がある

 

・妊娠時に急激に体重増加した

 

妊娠糖尿病は母体の他に胎児にも影響があります。

 

高血糖の状態が続くとさまざまな合併症がおこります。

 

母体は妊娠高血圧症や羊水の異常、難産、腎症、網膜症
など、胎児には巨大児、胎児死亡、黄疸、心臓肥大、形
態異常などが挙げられます。

 

妊娠糖尿病の症状はやはり一般的な糖尿病と同様です。

 

目立った症状が出ないため初期症状はほとんど気づかず
に、妊婦健診で見つかる事が多いです。

 

代表的な症状としては喉の渇き、尿の回数が増える、疲
労感、急激な体重変化などがあります。

 

 

妊娠糖尿病の予防をするには

 

では、妊娠糖尿病をどのように予防すればいいのかとい
うと適切な体重管理とバランスのよい食事が重要になり
ます。

 

 

妊娠糖尿病 予防

 

できるだけ間食を避け、1日3回主食、主菜、副菜のバラ
ンスを考えて食事を摂る事です。

 

またストレスは妊娠糖尿病の原因の1つとも考えられる
ので、ストレスをかけないような環境づくりも大切です。

 

ヨガなどでリラックスするのもいいかもしれません。

 

出産と同時に胎盤が排出されるので妊娠糖尿病は出産後
自然治癒します。

 

ですが、1度妊娠糖尿病を発症した方は将来糖尿病にな
りやすいといわれているので、定期的に検査する事をお
勧めします。


スポンサードリンク

 

タグ : 

妊娠糖尿病

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク