AX

糖尿病 糖質制限

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

糖尿病と糖質制限

読了までの目安時間:約 5分

糖尿病 糖質制限

私の親戚の叔父が2型糖尿病で

長年インスリン注射を打っていました。

 

 

別荘代わりに頻回に

病院で入退院をしていました。

 

ペットボトル症候群(常に1.5リットルの

炭酸飲料が5~6本は冷蔵庫に並んでいて

水代わりに飲んでいました)で

 

伯母が気付いた時には、糖尿病が

進んでいて教育入院の甲斐も無く失明しました。

 

更に教育入院していた知人が教育入院中に

キチンと3食出された食事しか食べなかったり

 

毎日、運動をしていても血糖値が

安定せずに本人も疑問に思っていました。

 

退院後もHbA1c(過去1~2ヵ月の血糖値の平均指数)は

糖尿病学会が推奨する指標とは懸け離れた数値に限らず、

 

従来の糖尿病ドクターは「順調で安定している」と

話されたみたいで時折、間食などをしても

OKなのかと思われている様です。

 

側から見たら今のまま治療が続けば、神経障害や

腎機能障害や視神経に障害が出るのではないか、

 

壊疽による切断や人工透析や網膜剥離等による

失明や長年の血糖の乱降下や高血糖により、

 

ダメージを受けた血管が破れて脳梗塞等を

発症するのでは?と恐怖心などがありますし、

知人を救いたいと思ったりします。

 

糖尿病の糖質制限

 

糖尿病 糖質制限

 

そこで今、巷で流行っている

食事法糖尿病の治療法「糖質制限食」

勧めてみました!

 

わたしがアドバンスしたのは2つの方法で

自らの体験を交えて話しました。

 

「主食(お米や麺類やパンなど)の量を

少しでも減らす」と言ったスタンダードな方法

or「1食のみ主食をカットする方法」

 

と言うのも、わたし自身「薬剤性糖尿病」で

HbA1cが高かったのが約1ヶ月の

「糖質制限食」実践で改善したからです。

 

しかし知人は、わたしの話を

聞く耳持たずって感じでした。

 

従来の糖尿病食を栄養士の先生に

食事指導を受けた経験があります。

 

実際に実践した事もありますが

ハッキリ言って継続する事は

並大抵の努力が必要です。

 

食事の度に単位計算など

ホント疲れますしストレスが溜まります。

 

糖質制限のブログ

 

糖質制限 ブログ

 

その点、様々なブログ等で紹介されている

方法は参考になります。

 

江部康二先生のブログ

「ドクター江部の糖尿病徒然日記」

 

夏井睦先生のサイト「新しい創傷処置」

 

糖質制限食の開発に携わる、

あらてつさんのブログ「あらてつの糖質制限な日々」

 

田頭秀悟先生のブログ「たがしゅうブログ」

 

江部康二先生の「主食を抜けば糖尿病は良くなる」

 

夏井睦先生の「炭水化物が人類を滅ぼす」

 

等がお薦めです。

 

夏井睦先生の「新しい創傷治療」のサイトは

毎日、目新しい情報が更新されています。

 

また、読者の方々から寄せられた

食事の写真などが掲載されています。

 

江部康二先生の「ドクター江部の糖尿病徒然日記」

ブログは毎日、糖尿病による記事が更新されています。

 

そして、コメントでも糖尿病に限らず

「糖質制限食」で改善された方々の報告や

質問等が多く見受けられます。

 

あらてつさんのブログ&江部康二先生のブログには

「糖質制限.COM」の商品の

紹介等もされていますのでお薦めです。

 

明るい未来に希望を持つ為にも

従来の糖尿病食では無く「糖質制限食」で

「糖尿病」に打ち勝ちましょう!

 

タグ : 

症状 糖尿病の食事療法

この記事に関連する記事一覧