AX

1型糖尿病 特徴

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

1型糖尿病の特徴について

読了までの目安時間:約 4分

1型糖尿病 特徴

1型糖尿病という病気を

ご存知でしょうか。

 


スポンサードリンク

 

その名の通り、糖尿病の1種なのですが、

所謂、中高年層に多い、生活習慣が

もとで発症する糖尿病とは異なります。

 

この1型糖尿病とは、年齢を問わず

誰にでも起こる糖尿病で、子供でも

発症する事があります。

 

日本人には少ないのですが、北欧や

イタリア等、ヨーロッパの一部では

発症率が高い傾向があります。

 

糖尿病の症状

 

糖尿病 症状

 

症状としては、ひどく喉が渇く、

水を多量に飲む、多尿や

疲労感等があげられます。

 

原因は、インスリンを作る機能が

破壊されることです。

 

通常インスリンは、膵臓の

ランゲルハンス島の細胞で作られ、

血糖値を正常に保つ働きをしています。

 

しかしこの機能が破壊される為、

体内でインスリンを作り出す事が

出来なくなります。

 

その結果、血糖値が高くなって

様々な症状が出る為、外からインスリンを

補う治療が必要になって来ます。

 

このため、1型糖尿病の治療としては、

インスリン注射が主な治療方法となります。

 

1日に何度か注射を自分で行い、

血糖値をコントロールします。

 

勿論、子供であっても、

自分で注射を行います。

 

注射といってもペンのような物で、

簡単に出来るように工夫されています。

 

きちんと血糖値さえコントロール出来て

いれば、普段の生活は大丈夫ですし、

何を食べても構いません。

 

ケトアシドーシスと糖尿病

 

ケトアシドーシス 糖尿病

 

但し、特に1型糖尿病の場合は、

ケトアシドーシスという合併症が

起こりやすいです。

 

その点には注意しておきましょう。

 

このケトアシドーシスは、血液中に

ケトン体と呼ばれる物質が増えて起こるもので、

その結果吐き気や嘔吐、頻脈等が特徴です。

 

むくみが出ることもあります。

 

この症状が出たら、すぐに医療機関を

受診するようにしましょう。

 

糖尿病の人は、体内でブドウ糖を

代謝できない代わりに、脂肪を分解して

エネルギーを得ようとします。

 

その為、血中にケトン体が

増えがちになります。

 

またそれ以外にも、感染症に

罹り易くなるので気をつけましょう。

 

糖尿病の種類

 

糖尿病 種類

 

この1型糖尿病に対して、肥満や

運動不足で中高年層に起こりがちな

糖尿病を、2型糖尿病と呼びます。

 

こちらは食事療法や運動療法が

用いられますが、場合によっては

薬やインスリン注射を行う事もあります。

 

その他には妊娠糖尿病というものもあり、

こちらは糖尿病という程ではありませんが、

 

妊娠中に出るホルモンのせいで、

血糖値が高くなる状態のことです。

 

出産と共に回復する例が殆どですが、

家族に糖尿病の人がいるとか、

 

或いは高齢出産の場合は、その後

糖尿病に罹る確率が高くなる

と言われています。


スポンサードリンク

 

タグ :  

1型糖尿病 症状 糖尿病の食事療法 経過 血糖値対策

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク