AX

生活習慣病 予防

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

生活習慣病の予防

読了までの目安時間:約 5分

生活習慣病 予防

生活習慣病対策を食事面でする場合、

出来るだけ外食を控えるようにして、

自宅で手間をかけて作りたいものです。

 


スポンサードリンク

 

しかし、日々忙しくしている現代人に

とってはなかなかじっくり調理をする

時間をとるのは難しいものです。

 

特にお勧めの、

一皿でバランスの良い食事レシピも

沢山あります。

 

中でも、1日の食事が

全部カレーでもいい

という人がいるくらい、

 

誰もが大好きなカレーの

オススメ料理を3つ紹介します。

 

大豆カレーのレシピ

 

大豆 カレー レシピ

 

 

まずは、大豆のドライカレーです。

 

大豆に含まれているたんぱく質には

血管を柔らかくして血流をスムーズにし、

余分な塩分を排出しやすくする働きがあります。

 

このカレーには

炭水化物であるジャガイモは使いません。

 

水煮の大豆とピーマン、

ニンジン、玉ねぎ等、

入れる野菜をみじん切りにします。

 

フライパンで豚ひき肉を

ニンニクと生姜、そして

玉ねぎを入れて炒めます。

 

ひき肉は脂が意外と多いので、

油で炒める必要はありません。

 

ひき肉の色が変わってきたら、

他の野菜と大豆を入れて更に炒めます。

 

全体がよく炒まったら、

カレー粉を入れます。

 

更に、調味料として

ウスターソース大さじ2分の1、

 

ケチャップと粉末コンソメが

それぞれ小さじ2の割合で入れ、

炒めます。

 

そして、塩コショウ、

ナツメグなどで味を調えて完成です。

 

塩分少な目でヘルシーなカレーです。

 

鶏むね肉のカレーレシピ

 

鶏むね肉 カレー レシピ

 

 

カレーにお肉がないなんて!

という人にオススメなのが

鶏むね肉を使ったカレーがオススメです。

 

他に入れる野菜はヘルシーでキノコ類。

 

キノコなら何でもいいので、

しめじ、椎茸、エリンギ、

何でも美味しく食べられます。

 

鶏むね肉は使う前に

酒と塩もみしておくことで、

より柔らかくなります。

 

キノコを切っている

10分程度で十分です。

 

ちょっとした下ごしらえを

するだけで、あとは通常の

カレーの作り方で大丈夫です。

 

低カロリーで食感抜群のきのこは

カレーにも使える万能野菜です。

 

このむね肉の使い方は、

毎日の食事にも積極的に

取り入れていきたいところです。

 

豆腐のカレー風味

 

豆腐 カレー

 

次に同じカレー味でも、

ちょっと趣向を変えた

「豆腐のカレー風味丼」もお勧めです。

 

豆腐には血圧を下げる作用があり、

生活習慣病対策には

もってこいの食材です。

 

先ず、

木綿豆腐をしっかり水切りします。

 

干ししいたけを水で戻して細切りに、

ニンジンを粗みじん、

長ネギを小口切りします。

 

カレー粉小さじ1、しょうゆ大さじ1、

砂糖小さじ1を鍋で煮立たせ

煮汁を作ります。

 

鶏むねひき肉とニンジン、

椎茸、長ネギを別鍋で炒めます。

 

そこに水切りをした豆腐を

崩しながら入れ、

煮汁を加えて煮ていきます。

 

全体に火が通ったら、

溶き卵を回しいれて出来上がりです。

 

これを、

ご飯の上に盛り完成となります。

 

カレーよりも塩分控えめで、

ボリュームある食事になります。

 

 

これらのように、毎日の食事も

食材も工夫することで塩分や

カロリーを抑えることができます。

 

それが生活習慣病の

予防になるのです。


スポンサードリンク

 

タグ :  

体重 症状 糖尿病の食事療法 血糖値対策 隠れ高血圧 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク