AX

生活習慣病 教育

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

生活習慣病の教育

読了までの目安時間:約 5分

生活習慣病 教育

生活習慣病とは、食事の習慣や

運動の習慣の生活習慣の乱れが原因です。

 


スポンサードリンク

 

肥満などを引き起こし、それにより高血圧、

心筋梗塞、心臓病、脳卒中、糖尿病、がん、

脂質異常症などを発病してしまうものです。

 

生活習慣の乱れからなる人と、

なりやすい遺伝や加齢からなる人もいます。

 

生活習慣の乱れとは、喫煙、飲酒、食事量、

運動量、ストレス等を、

 

適量にコントロール出来ないと

生活習慣病になってしまう場合があります。

 

生活習慣病になりやすい人

 

生活習慣病 なりやすい

 

なりやすい遺伝とは、生活習慣病に

なりやすいというより肥満になりやすい

遺伝子を持っていて、

 

幼児期に肥満でそのまま思春期、

青年期、中年期と肥満のままであると

生活習慣病になってしまう場合があります。

 

加齢の場合は、年齢により代謝が落ち、

運動量も落ちてしまいます。

 

しかし生活習慣は若い時のまま、

特に食事の量や食事の偏りが若い時のままだと

生活習慣病になってしまう場合があります。

 

 

以前は40代から60代の

働きざかりの人に多くみられていました。

 

それにより、加齢によるものだと

認識されていました。

 

しかし、現在では、小児にも

糖尿病がみられる傾向にあります。

 

そう言ったことから、

生活習慣が乱れている人なら誰でもなる病

として受けとめられています。

 

生活習慣病の予防法

 

生活習慣病 予防法

 

 

 

推奨されている予防法に

一無、二少、三多があります。

 

一無とはタバコの事です。

 

タバコは吸わない事。

 

タバコは、現在吸っている人が

禁煙するのはとても辛い事です。

 

18歳未満の子供に禁煙のリスクを教え

最初から吸わない人が増えると

将来的な生活習慣病人口は減る事でしょう。

 

二少とは、お酒と食事の量を少なくする事

 

お酒は適量に抑え、

食事は3食バランス良く取りましょう。

 

三多とは、体を多く動かし、

休息を多くとり、人と多く接する事です

 

生活習慣病と小児肥満

 

生活習慣病 小児

 

これは、ストレスにも関係していて、

運動、休息、人との関わりは

ストレスを軽減させます。

 

若い頃から心かけて行きたいことです。

 

 

子供の肥満も少し前までは、

10人に1人なんて言われていました。

 

けれども、今では生活習慣病という言葉も

すっかり浸透しています。

 

よりよい生活の仕方の指導など

小学校や市などが積極的に行っており、

現在は、肥満傾向にある子供は減少しています。

 

そのかわりに痩せ傾向にある子供が

ゆるやかに増加しています。

 

 

最近は、コンビニやスーパー等で

低糖質のパンやアイスなどの商品が

数多く出回っています。

 

消費者の肥満予防への意識が

高まっている事が伺えます。

 

甘いものを控える事は、とても大切ですが、

全くとらないとなると辛い

食事制限になってしまいます。

 

時には低糖質のものを食べて一息するのも

ストレスをためない為にも良い事でしょう。

 

 

また、具合が悪くなってからでは、

運動などを行うのが難しくなってしまう

場合があります。

 

あらかじめ食事や運動に気をつけて

予防に努めましょう。


スポンサードリンク

 

タグ :  

体重 糖尿病の食事療法 血糖値対策 運動 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク