AX

生活習慣病 予防

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

生活習慣病を予防するためには

読了までの目安時間:約 5分
生活習慣病 予防

生活習慣病が原因で亡くなる人は、

死者の約3分の2とかなりの数がいます。

 

 

 

 

生活習慣病を避ける事は

健康に生きる上で必要不可欠なとこです。

 

しかし、生活習慣病を防ぐには

どうすればよいのでしょうか。

 

 

生活習慣病を防ぐためには、

生活習慣病の原因を知る事が大事です。

 

その原因となる行動を控えることが

発症の予防には繋がると考えています。

 

 

そこで、生活習慣病の原因について

ご紹介しますので、予防のために

参考にして下さい。

 

生活習慣病と食事

 

生活習慣病 食事

 

 

1.食事

 

まず生活習慣病の1番の原因の食事です。

 

 

食事で気をつけれることは、

野菜をメニューに取り入れて

最初に食べるということです。

 

野菜をまず体内に摂り入れることで、

その後に食べたご飯などの糖質の

吸収スピードを弱めてくれるからです。

 

糖質による急激な血糖値の上昇や

下降を防ぐこともできるので、腹持ちも

良くなりダイエット効果も期待できます。

 

 

食事で最もやってはいけないことは

食事を抜くことです。

 

一食抜くことにより、

食事と食事の間にある時間が

とても長くなります。

 

そうすると極度の空腹状態となり、

体が危機感を感じて

エネルギーの代謝も抑えるようになります。

 

そして、次に摂った脂質や糖質を

急激に吸収してしまい太りやすい体質に

なってしまうからです。

 

三食必ず食べましょう。

 

生活習慣病とタバコ

 

生活習慣病 タバコ

 

 

2.たばこやお酒

 

次に喫煙です。

 

みなさんも知っての通り

喫煙は百害あって一利なしの嗜好品です。

 

 

たばこを吸うことによって、

ニコチンやタールなどの有害物質が、

体内に入り込みます。

 

そして、血管をし収縮させます。

 

血液の通り道である血管が

収縮することで血圧が上昇し

高血圧等の原因になります。

 

それだけでなく、

肺にも強い悪影響があり、

癌の危険性もあります。

 

 

お酒も同様に百害あって一利なしです。

 

飲み会などで暴飲することのないように、

楽しむ程度にしましょう。

 

生活習慣病と睡眠不足

 

生活習慣病 睡眠不足

 

 

3.睡眠不足

 

人間が体を休める重要な時間が睡眠時間です。

 

仕事などが忙しかったり、

夜中に遊びに出掛けたりを繰り返すと

慢性的な睡眠不足に陥ります。

 

睡眠不足は

疲労を回復することが出来ません。

 

徐々に疲労が蓄積していき、

病気の原因になります。

 

 

それだけではなく、睡眠不足が

継続することで過剰な

ストレス上昇にも繋がります。

 

ストレスの上昇は血圧の上昇や

血糖値の増悪、免疫力を悪化させ

病気にかかりやすくなる等の原因になります。

 

 

4.まとめ

 

これまで述べたように、生活習慣病は、

食事、たばこ、お酒、睡眠に

 

気をつけることが出来れば

発症の可能性を下げることができます。

 

同時に、健康的な生活を送ることで

仕事や私生活にもよい影響がでます。

 

 

みなさん生活習慣病を予防して

健康な人生を手に入れましょう

 

タグ :  

体重 糖尿病の食事療法 血糖値対策 運動 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧