AX

生活習慣病 予防 運動

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

生活習慣病を予防する運動とは

読了までの目安時間:約 5分

生活習慣病 予防 運動

生活習慣病を予防するには、

もちろん食事療法が有効です。

 

そして、運動をすることによって

更にその効果をあげることが出来ます。

 


スポンサードリンク

 

現代では特に、運動は食事と違って

毎日の習慣にない人も多いです。

 

また、始めてもなかなか

長続きしないものです。

 

例えば、女性の大好きなケーキを

1個食べたとします。

 

すると、それだけで

300キロカロリー位になります。

 

それを消費するための運動と言ったら

ジョギングや縄跳びを

約25分やり続けることになります。

 

簡単なように感じるかもしれませんが、

これは、かなり強い意志を持って

心して取り組む必要があるのです。

 

生活習慣病予防の運動

 

生活習慣病 予防 運動

 

 

ただ、生活習慣病を予防するには、

週に500キロカロリーの運動を

続けるだけで良いとされています。

 

運動をすることで、コレステロールの値が

下がったり、インスリンの働きを良くします。

 

ブドウ糖代謝を促進させたり、また、

エネルギー代謝のしやすい身体を

作ることができるのです。

 

ハードな運動を続けることよりも、

毎日コンスタントに行うことを

続けることが大切です。

 

 

では、どんな運動が良いかというと、

先ず、身体全体を使った

有酸素運動が最適です。

 

水泳やウォーキングなどは、

身体全体をまんべんなく動かすことが

出来るのでお勧めです。

 

それぞれ一日に30分程度行うとよいです。

 

エネルギーを消費することが目的なので、

エレベーターやエスカレータでなく

階段を使うようにしましょう。

 

一駅手前で降りて歩いたり、

電車やバスで座らないようにしたり等、

 

運動することにこだわらなくても、

同じ効果を得ることが出来ます。

 

身体に負担がかかるような

激しい運動はいりません。

 

軽い運動を続けることに意味があるので、

難しいテクニックや身体を

痛めるような運動は必要ありません。

 

生活習慣病と筋力トレーニング

 

生活習慣病 筋力

 

 

次にお勧めなのが、筋力アップを

目的とした筋力トレーニングです。

 

筋肉量が上がると、

脂肪を燃焼しやすい身体になり、

生活習慣病の予防につながります。

 

ただ、この筋力トレーニングは

正しい方法で行わないと、

逆に体を痛めてしまう場合もあります。

 

無理な動き方や体勢にならないように

気を付ける必要があります。

 

生活習慣病とストレッチ

 

生活習慣病 ストレッチ

 

最後に、ストレッチです。

 

筋肉を動かして柔らかくし、

運動しやすい身体つくりは運動効果を高めます。

 

また、怪我の予防にもなります。

 

例えば、腕を正面と真横に

ゆっくり上げ下げすることで

肩の運動になります。

 

ゆっくり椅子に座ったり立ったりする事を

繰り返すだけで

スクワットのような効果が期待できます。

 

ストレッチをする時には、

ゆっくりと呼吸をしながら

行うことがポイントです。

 

 

時間があれば、毎朝ラジオ体操を

日課にしてみると全身の運動になります。

 

最近流行りのヨガなども全身を

ゆっくり使った運動として注目されています。

 

 

最後に、生活習慣病の予防となる運動は、

いずれも自分にあった運動を

続けることに意味があります。

 

運動した後にちょっとした気持ち良さが

残る運動は、ストレス発散にもなります。

 

無理をせず、長く続けていきましょう。


スポンサードリンク

 

タグ :  

体重 糖尿病の食事療法 血糖値対策 運動 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク