AX

生活習慣病 予防 食事

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

生活習慣病を予防する食事

読了までの目安時間:約 4分
生活習慣病 予防 食事

生活習慣病を予防する為には

食事と運動のどちらも大切です。

 

 

 

まずは食事についてです。

 

生活習慣病の原因は、

基本的な生活習慣の乱れが大きいです。

 

先ずは自分の無意識の癖を

見つけることが必要です。

 

食事以外に完食として食べている物はないか、

飲み物は甘いものを取っていないか等、

自分の食生活を細かく見てみると良いでしょう。

 

生活習慣病と食事

 

生活習慣病 食事

 

お勧めは口に入ったもの全てを

紙に書き出す、若しくは

写真に取っておく方法です。

 

それがわかったら、先ずは

基本の三食以外の間食を

極力減らしてみましょう。

 

但し、それがストレスになり過ぎると

元も子も有りません。

 

どのくらい減らせるか、ゲーム感覚で

やってみるのも良いでしょう。

 

特に甘い飲み物は思ったよりも

カロリーが多いの気をつけてみて下さい。

 

間食が減ってきたらそれは継続したまま、

三食の内容を見直します。

 

仕事や家族の環境によって

左右されやすいと思います。

 

出来る所から

始めてみると長続きします。

 

 

何をどのくらい食べたら良いか、

今の時代はネットで調べると

いろいろと出てきます。

 

しかし、今の食事を

180度変えるようなやり方は

お勧め出来ません。

 

 

野菜を小鉢一皿増やしてみる、

野菜のたっぷり入った味噌汁をプラスしてみる、

ご飯の量を適量にしてみる等

 

一つずつ、出来ることから始めて定着させる、

そしてまた一つチャレンジしてみる、

 

この繰り返しでストレスを最小限にし、

長続きする方法で食習慣を改善し、

最終的には生活習慣病の予防に繋がります。

 

生活習慣病と運動

 

生活習慣病 運動

 

 

次に運動です。

 

元々運動習慣のない人が運動を

始めるのは労力のいるものです。

 

やり方に注意しなければ

頑張りすぎて怪我をしたり、

燃え尽き症候群になってしまいます。

 

先ずお勧めするのは、普段の歩き方を

良い姿勢と大股歩きにしてみることです。

 

ウォーキングとして時間を

取るのが難しくても

 

トイレに行くとき、コンビニまで歩くとき、

会社への行き帰り等

 

歩かない人は殆どいないので

その歩く行為を運動に変えられます。

 

これは運動なんだと思って歩いてみると

身体を動かすことへの意識が高まってきます。

 

ドローインの効果

 

ドローイン 効果

 

もう一つ出来る事は

常にお腹を引っ込めておくこと。

 

ドローインとも言いますが

下腹を凹ませる意識を続けると

内臓が正しい位置に戻ります。

 

そうすると、内臓脂肪が燃えやすくなります。

 

勿論、腹筋もついて

くびれのある綺麗なお腹が出来て来ます。

 

この2つが出来れば、生活の中で

最大限に代謝を上げて、

生活習慣病の予防につながります。

 

 

運動は楽しくなれば続けられるので

動くことに意識が向いてきたら

是非色々な運動にチャレンジしましょう。

 

自分の、身体が喜ぶ方法を

見つけてみてください。

 

タグ :  

体重 糖尿病の食事療法 血糖値対策 運動 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧