AX

メタボ 内臓脂肪

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

痩せててもメタボ?内臓脂肪に注意!

読了までの目安時間:約 5分

メタボ 内臓脂肪

メタボにならなうに気をつけなくちゃなどと良く耳にし
ますが、メタボとは、メタボリックシンドロームの事で
す。


スポンサードリンク

メタボの基準は、内臓肥満、脂質異常症、糖尿病、高血
圧の代謝性疾患が重なっている状態をいいます。

 

これら4つの疾患があると動脈硬化が進み脳や心臓に負
担がかかり脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなります。

 

内臓の脂肪細胞が大きくなると体に悪影響を与える物質
が分泌されます。

 

逆に脂肪細胞から分泌される善玉物質が減少されます。

 

 

ウエストだけじゃない!メタボの基準

 

メタボの診断基準は、ウエストが男性85センチ以上、女
性90センチ以上。

 

 

メタボ 基準

 

加えて高トリグリセリド血しょう150mg/dl以上かつ低HD
Lコレステロール血しょう40mg/dl以上。

 

収縮期血圧130㎜Hg以上かつ拡張血圧85㎜Hg以上。

 

空腹時血糖110mg/dl以上。

 

ウエストに加えて上記示した値に二つ以上該当したらメ
タボリックシンドロームです。

 

痩せているからといって安心は出来ません。

 

脂肪が体内に蓄積されている場合もあります。

 

体重がそれほど多くなければ自分では気付きにくいもの
です。

 

 

その場合CTで検査をすればわかります。

 

画像から内臓面積をはかり内臓面積が100㎝2以上なら
臓脂肪型肥満となります。

 

CTで測らずともBMIが25以上の人は内臓脂肪型肥満と判
定されます。

 

ウエストが正常値でも、内臓脂肪型肥満と判定されてし
まうと、他に血糖値、血中脂質、血圧などの数値、また
喫煙など当てはまればメタボと同様な扱いになります。

 

 

運動と食べ物で痩せるホルモンを分泌

 

なぜ、内臓に脂肪がついてしまうのでしょうか。

 

 

痩せる ホルモン 食べ物

 

食べすぎや、運動不足によりエネルギーが消費されなく
なると脂肪細胞が、積極的に脂肪を作ってしまうのです。

 

しかし、内臓脂肪は簡単に蓄積されてしまいますが、燃
焼も簡単にします。

 

毎日少しでも運動をして筋肉を落とさないようにし、脂
肪を燃焼しましょう。

 

運動により脂肪を燃焼すればさらに良い事があります。

 

アディポネクチンという善玉ホルモンが脂肪細胞から分
泌されるのです。

 

内臓脂肪が多いとアディポネクチンは分泌されにくくな
ります。

 

なので、運動をして内臓脂肪を減らしアディポネクチン
を増やしましょう。

 

またアディポネクチンは、食事でも増やすことが出来ま
す。

 

アディポネクチンは大豆や青魚や海藻類を取る事で増や
すことが出来ます。

 

なので積極的にとりましょう。

 

もう一つ脂肪のエネルギー消費や、食欲抑制に効果のあ
るホルモンがあります。

 

レプチンです。

 

レプチンを増やすのは簡単です。

 

良く噛んで食事をする事です。

 

20分くらいでレプチンが分泌され食欲を抑制してくれま
す。

 

また、生活習慣を見直し夕食を早めに食べるように心が
けましょう。

 

胃腸や肝臓やすい臓は夜になると消化吸収が活発化し、

 

エネルギーを蓄えようとするのです。

 

寝る3時間前に食事を終えれば内臓脂肪になりにくくな
ります。


スポンサードリンク

 

タグ : 

食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク