AX

1型糖尿病 特徴

糖尿病・高血圧|自宅で出来る食事・食物改善方法

1型糖尿病の特徴

読了までの目安時間:約 5分

1型糖尿病 特徴

1型糖尿病ってなに?

 


スポンサードリンク

 

 

自己免疫がインスリンを分泌しているβ細胞を

攻撃・破壊してしまうことで、

 

血糖値を下げるインスリンを分泌出来なく

なってしまい、血液中の「ブドウ糖」の濃度

(血糖値)が慢性的に高くなる病気です。

 

この自己免疫が起こる原因として、

ウイルス感染が考えられているのですが、

はっきりと解明されていないのです。

 

この1型糖尿病の発症率は、

日本人では比較的少なく、

糖尿病患者の5%未満と言われています。

 

1型糖尿病の特徴としては、

子供や若い人の発症が多いため、

「小児糖尿病」とも呼ばれていました。

 

インスリンとは

 

インスリンとは

 

インスリンってなに?

 

インスリンは、すい臓のβ細胞で

つくられるホルモンの事です。

 

食事で摂った糖質がブドウ糖に変化すると、

エネルギーとして活用されます。

 

この血液中のブドウ糖の濃度を

正常範囲に保つ役割を担っているのが

インスリンです。

 

食事などで血糖値が上がった事を

β細胞が素早く察知して、血糖値を

下げる為にすぐにインスリンを分泌するのです。

 

1型糖尿病の原因

 

1型糖尿病 原因

 

1型糖尿病の原因

 

私達の体の中には、体内に侵入した異物を

排除しようとする免疫機能があります。

 

この機能に何らかの異常が生じた時に、

自分自身の細胞を攻撃してしまうのが

自己免疫です。

 

この自己免疫が、1型糖尿病の発症の

主な原因ではないかと言われていますが、

実際にはまだわかっていません。

 

1型糖尿病と2型糖尿病の違い

 

1型糖尿病は、免疫システムが何らかの原因で

誤って膵臓のβ細胞が破壊してしまい、

 

血糖値を下げるインスリンを分泌

出来なくなる事で起きる病気です。

 

2型糖尿病は、遺伝的な体質や食べ過ぎ、

運動不足・肥満などが原因となって、

インスリンの分泌量が減ってしまったり、

 

効きにくくなったりする事で

起こる病気です。

 

この1型糖尿病と2型糖尿病では、

病気が起こる原因が

大きな違いとなります。

 

1型糖尿病の症状

 

1型糖尿病 症状

 

1型糖尿病の症状

 

1型糖尿病の主な症状としては

尿の回数や量が増える、のどが渇く、

食べているのに痩せる、

 

体がだるく疲れやすいといった事が

症状として出てきます。

 

食事などで血糖値が高くなると、

腎臓が血液中のブドウ糖を水分と一緒に

 

体外へ排出しようとするために、

尿の量が増えます。

 

その結果、体内の水分が足りなくなる事で

のどが乾いて、水分を沢山

補給するようになる為、尿の回数が増えます。

 

健康な体であれば、糖質を

エネルギーとして使われますが、

 

1型糖尿病になると、糖質をエネルギーに

出来ない為に、筋肉や脂肪が分解されて

エネルギーとして使われるようになります。

 

その為、どんなに食べても体重が減少し、

体力がなくなってしまい

疲れやすくなるのです。

 

これらの症状が急激に起こることで、

発症から数ヵ月以内にはインスリン治療が

必要となる場合が多く、

 

中には劇症1型糖尿病といって症状の進行が

早く、血糖値が高い状態になってから

僅か1週間程で合併症を発症するタイプもあります。

 

一方で、緩除進行1型糖尿病と呼ばれる、

ゆっくりと病状が進むタイプのものもあります。


スポンサードリンク

 

タグ :  

1型糖尿病 糖尿病の食事療法 血糖値対策 食事・食べ物

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク